『スター・ウォーズ』シリーズのスロットマシン

『スター・ウォーズ』シリーズは、数あるスロット台の中でも、かなり多くの人気を集めていました。それにもかかわらず、2017年に廃番となり、何時間も没頭してプレイしていた熱狂的なファンたちは非常にがっかりしました。

ちょっと変わった質問ですが、ウォルト・ディズニー社とギャンブルとの関係性について、ご存知でしょうか?通常私たちは、ディズニーキャラクターを見ると、世界中で展開されている遊園地、ディズニーランドを連想しますよね。しかし、ディズニー社とギャンブル業界の関係性について知っているのは、ほんのわずかの人しかいません。

ディズニー社が『スター・ウォーズ』のスロットマシンを禁止した理由とは?

ディズニー社は、過去数十年に渡り、複数のエンターテイメント会社から、キャラクターの権利を買収してきました。2009年にはマーベル・エンターテイメントを、2012年にはスター・ウォーズを製作し、そのブランドすべて保有する親会社ルーカスフィルム・リミテッドの権利を買収しました。

それ以来、全米において、スター・ウォーズとマーベルをテーマしたカジノ用スロットマシンの生産終了及び使用禁止が、ディズニー社によって発表されました。ディズニー社は両ブランドの独占権を有しているため、生産終了及び使用禁止をする権利を有しているのです。この規制は、実店舗のカジノだけでなく、オンラインカジノにも適用されています。

ギャンブル業界にとって大打撃

『スター・ウォーズ』のスロット台が実店舗のカジノから撤去されて以来、プレイヤーたちはとても落胆しています。また、ダース・ベイダーなど『スター・ウォーズ』でお馴染みキャラクターが、カジノ客の間で人気を集めているの有名な話です。 

これらの人気キャラクターは、『スター・ウォーズ』のスロットマシンが廃止されるまで、何百万人ものプレイヤーに愛されてきました。順番待ちの列ができるほど、人気を集めていたのです。しかし、ディズニー社は一貫してギャンブル反対の姿勢を示しており、これこそが、全米において『スター・ウォーズ』のスロットマシンが禁止された主な理由と考えられています。

日本国内市場

『スター・ウォーズ』のスロットマシンは、日本国内ではまだ見かけることができます。しかし、その台数は大幅に減少してきました。小規模なパチンコ店やオンラインサイトで見かけることがほとんどです。

『スター・ウォーズ』のスロットマシンで人気なのは、SANKYOが2015年に導入した『FEVER STAR WARS Battle of Darth Vader』です。15種類のHD/3D映像が出現しますが、特別なメガネを装着する必要はありません。このスロットマシンは、ルーカスフィルム・リミテッドからライセンス許諾を受けており、ダース・ベイダーとの一対一の戦いが楽しめます。また、プレイヤーは、お気に入りの『スター・ウォーズ』のキャラクターとの戦いを繰り広げながら、素晴らしいサウンドと映像も楽しめます。

パチンコ業界

映画『スター・ウォーズ』という切り口で分けて考えても、パチンコ業界は活況を呈しています。国内ではまだ依然として、ギャンブルが禁止されていますが、多くの人がパチンコを楽しんでいます。パチンコで勝っても、出玉を現金に直接交換することはできませんが、クーポンという形で賞金を受け取り、近くの景品交換所でタバコやお菓子などを購入することができます。パチンコ客は通常、仕事から解放された週末にギャンブルを楽しむことが多いようです。

『スター・ウォーズ』のスロットマシンに代わるものとは? 

ゲーム「トランスフォーマー・バトル」では、優れた才能を発揮するロボットたちがスクリーンに登場します。5つのリール、40種類のペイライン、数多くのボーナスが用意されているのが特徴です。赤色のオートボットから青色のディセプティコンまで、様々なロボットの中から選べます。

『トランスフォーマー』のロゴが、このゲームの中で価値のあるアイテムだという人もいます。その一方で、ボーナスシンボルには、紫のキューブやセイバートロン星のスキャッターボーナスも存在します。

「プラネットルーラーの侵略者」 (原題:Invaders from the Planet Moolah)- このゲームもまた、『スター・ウォーズ』に代わるスロットマシンゲームの一つです。5つのリールと25種類の固定ペイラインが用意されています。ゲームの背景には、様々な惑星や宇宙が描かれています。